Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES


PROFILE
Ravelry progress bars


OTHERS

ニガババロア

帰ってこれない
チョボ

雪組「タランテラ!」があまりにも素敵すぎ、気持ち的になかなか日常生活に復帰できません。
もちろん家事などはふつうにしてるんですが、精神的に…。
恐るべしオギーワールド。

眠たくて憮然としています

眠たそうなチョボ。
寒くなってきたので、顔の毛をふくらまして丸顔のふりをしています。
| 歌劇 | 18:21 | comments(4) | - |
買い物♪
20060305_139960.jpg
なんとキャトルレーブの袋もベルばら仕様でした。久しぶりにあれこれ買いました〜。
プチ・ミュージアムではスタンプなんぞ押してしまいました。完全に浮かれてる!
| 歌劇 | 18:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
雪ばら
20060305_139718.jpg
意外にも全然眠くない!
むしろ面白い…ビックリです。
プログラムを入れてくれる袋もベルばら仕様。気合い入ってます。

ペガちゃんはほんとスーパー歌舞伎みたいでした。笑っちゃうかと思ったけど、まるで夢みたいでかなり楽しかったです!
むしろアミちゃんの「ばらのはなっびっら〜♪」で笑いをこらえるのが大変でした…
只今、幕間。続きも楽しみです。
| 歌劇 | 12:31 | comments(1) | trackbacks(0) |
気になるブツ
ロッピーで限定ベルばらグッズを眺めていたら、色々と気になるものがありました。
まずはファッションメモ。登場人物たちが着ていた衣装をダイカットメモにしてあります。おそるべき馬鹿馬鹿しさ。←褒め言葉
先日のNHK-BSベルばら特番でも注目を集めていた抱き枕なんてのもありました。しかし高いな。そもそもあれと一緒には眠れません!

宝塚のスチール写真パネルを予約しようかと思ったけど、引き渡しはローソン店頭のみだって。
近所のコンビニでヅカグッズなんて買えないよー。
| 歌劇 | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
雪組みました
20051119_74470.jpg
ツアーバッグ買っちゃいました。
| 歌劇 | 22:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
別館ベッカンコ
宝塚関連のblogを作りました。
*ニガババロア歌劇別館

現在は閉鎖しております。

最近の歌劇関連のエントリーをいくつか引っ越して、さらに最近のつぶやきを書いてます。

そういえばFC2のIDって、jugemが重すぎて使えなくなってた時にとったものなんだよね。
でも引っ越すのがめんどくてぼーっとしてるうちにjugemが復活したのでそのまま放置してました。
そこをリサイクル。

宝塚に興味のない人にとってはどーでもいいことしか書いてませんが、興味のある方はお暇がありましたらおいでくださいませね。
| 歌劇 | 19:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
「すみれの花咲く頃」メモ
ちょっと前にスカステでやってた『すみれの花咲く頃』に関する小さなコーナーが面白かったです。
以下引用。と言ってもうろ覚えなんですが、だいたいこんなような内容でした。

ウィーン生まれの曲「にわとこの花咲く頃」が、「白いリラの花が再び咲く頃」としてパリのレビューで歌われ始める。
フランスに留学した宝塚歌劇団の白井鐵造は、情熱的な恋を歌った「リラの花咲く頃」をすみれの花に託し、日本人好みのロマンチックな曲にアレンジした。

前にも書いた気がするけれど、この歌って出だしがすごく良いんです。
でも、ヅカファン以外にはサビの部分しか有名じゃないようで残念。

他の部分の歌詞もロマンチックで素敵です。もちろんメロディは言うまでもなく…。
当時、初めてこの歌を耳にした日本人はどんなに驚き、胸をときめかせたことでしょう。

アタリヤのピンク

すみれは季節はずれで画像がないので、ピンクのアタリヤでご勘弁ねがいます。
それにしても、にれとこってどんな植物?

*9/21…訂正。元記事では「にれとこ」の花が咲く頃、と勘違いしてて「どんな植物なんだ?」とその正体がわからず超ナゾでしたが、まきちゃんの推理により正しくは「にわとこ」であることが判明しました。
どうりでニレトコでぐぐっても何も出てこないハズだ。


■白井鐵造記念館
いつか行ってみたい。
| 歌劇 | 18:46 | comments(8) | trackbacks(0) |
カレンダー
カリフォルニアローズ

台所からもどってきて何気なくパソを開くと阪急ブックスから
『>>> 緊急告知 <<< 』
と題されたメールが来ていてびっくり。な、なにごと!?

『宝塚カレンダー発売日決定!!』『掲載メンバー全一覧発表!』

おおっ! 来年のカレンダー掲載メンバーが発表されていました。うわ〜そりゃ確かに >>> 緊急告知 <<< だわ。

どれどれ…
ウーン……
でも私の予想ってはずれるからなぁ。ボソボソ。

*宝塚ファン以外の方への注釈。毎年、宝塚歌劇ではステージカレンダー、スターカレンダー、卓上カレンダー、パーソナルカレンダーを製作販売しており、その掲載メンバーと掲載月をもとに人事を予想するのがファンの恒例行事となっております。

しかし毎年この時期になると思うんだけど、こういう予想に血道を上げられる世の中で本当によかった。
いつまでもこの平和がつづきますように (・e・)
| 歌劇 | 19:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
霧のミラノ再考
暁の紫
  暁の紫。
  今年は全般的に淡い色の花が多かったので、
  こういう色やエゾギクの赤が新鮮。



柴田侑宏氏といえば、恋愛至上主義の色ボケ作品と見せかけてその実、骨太なテーマを内包した脚本を書く人だ。
観劇した直後は、「ロマンチックでいいわぁ」「素敵だったわね☆」とほのぼのボ〜ッとなるのだが、あとからジワジワとその重たいテーマが効いてくる。まるで七年殺しのような芝居をつくるのが得意な人。かなりの業師であり、なかなか油断ができない。
続きを読む >>
| 歌劇 | 19:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
たかちゃんライブ
■宙組 シアター・ドラマシティ、東京特別公演『W−WING−』について

おおおおおおっ。
果たしてこれは…?
| 歌劇 | 18:36 | comments(14) | trackbacks(0) |
<< 2/5PAGES >>