Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES


PROFILE
Ravelry progress bars


OTHERS

ニガババロア

【回顧】ベス大阪の陣【祝・再演】
今年の秋、大好きなミュージカル「レディ・ベス」が再演されます。
初演の時は東京と大阪公演を観に行って、東京の感想はブログにアップしたのですが大阪公演の感想は下書きのままでした。
観劇後の興奮をそのままに書いたので、長文だし暑苦しすぎるかなと思ったからです。

観てしばらく経ってから冷静になって書こうと思ったのに、まったく余韻が醒めてなくて冷静に書くなんて無理だったんです…!

でも、もうすぐ念願の再演だし当時書いたまま感想をアップしてしまいます。
どんだけ私が心奪われたか、勢いだけでダーッとキーボードを打ったこの文章で察して下さい。
改めて読み返すと、悲恋なのに愛と希望に満ちたってどういうことじゃい!? と我ながら不思議ですが、観た時は実際そう感じたのだからしょうがない。
長い上に、ミュージカルに興味のない方には何がなにやら???だと思いますので、たたみます↓
(*2014年8月28日に書いたものです)

もうすぐ8月も終わり。そしてとっくに大阪公演は終了してしまったので今さらなのですが、今月頭に「レディ・ベス」梅田芸術劇場公演を観てきました。

東京で観た時は、良い意味で少女漫画的というかどこか現実離れした夢々しさが勝り、それはそれで大変に楽しかったのです。
しばらくの間、浮き浮きとした余韻を過ごすことができました。
しかし大阪公演は、同じ作品でここまで印象が違うのか!? と驚いたほど、まるで別もの。
大作ミュージカルとしてしっかりと軸の定まった重厚さを感じると共に、出演者一同の熱演と素晴らしい演技・歌唱に鳥肌の立つほどの感動を覚えました。

今回観た配役は、ベス:花總まり、ロビン:加藤和樹、アスカム:石丸幹二、メアリー:未来優希、フェリペ:平方元基。
演出の方向性が多少変更になったのかそれともキャストの組み合わせの故なのかわかりませんが、ラストがぜんぜん違う! という感じ。
二人は恋人としては別れてしまったけれど、それでも信頼と愛情はきっとずっとそのまま、離れても思い合っているのだなぁということが伝わります。
エリザベス女王戴冠の神々しさと相まって、号泣してしまいました。
でも悲しい涙じゃなくて、とても清々しい、愛と希望に満ちた結末です。

とにかくもうね〜、なんといってもロビンがベスを見つめる表情が素晴らしいの一言。
あれを観て、ベスのようにロビンに愛されたいと願わない女性はいないでしょう。断言します。あえて断言する。
ふたりの掛け合いはどの場面も本当にロマンチックで、ケンカをしても可愛くて恋の始まりのときめきがあってすごく良い!
キスシーンのたびに涙、涙でした。

ベスとロビンの恋愛がクローズアップされることによって、この作品のテーマがより明確になったように思います。
王女としての矜持や賢さと共に柔軟性と謙虚さをもっていたベスは、様々な経験や困難を経てイングランドの女王にふさわしい人物として成長する。
名君誕生物語に、ストレートにつながっていくストーリーです。
う〜ん、よくできてる。

大阪公演は2階席で観たので、舞台美術を堪能できたのにも大満足!
本当に美しくて、随所でため息がでました。
ものすごく凝っているとか斬新だとかビックリするようなセットではないけど、各場面や登場人物の心境にマッチしていて。いや何よりもとにかくキレイ。
画面転換もスムーズで、集中力が途切れる暇がありません。

心に残る場面はたくさんありますが、その中でも一番好きなシーンはテムズの川辺でロンドン塔から移送されるベスを民たちが見送るところ。
舞台上には船もベスも登場しないのですが、まるで本当に目の前の川を船が行き、そこにベスが存在しているような錯覚を受けるのです。
皆の素朴で敬虔な信仰心とベスへの愛情が胸に迫り、ベスがどれほど民に信頼を寄せられているか=君主の器の持ち主であることがわかる名シーン。

花總さんは歌が格段に良くなって、可憐さにも磨きがかかっていました。
もう私、花總ファン一直線ですわ。
というか、まぁとにかく皆さんさらにパワーアップしていて迫力に圧倒されました。
暑さを覚悟して真夏の大阪へ行った甲斐がありすぎでした。(しかもちょうど気温が下がって過ごしやすかった)

今こうして、レディ・ベスの舞台を思い出してまた涙、涙。
これだからやっぱり観劇は辞められません。

 
| ミュージカル | 17:02 | comments(0) | - |