Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES


PROFILE
Ravelry progress bars


OTHERS

ニガババロア

全図解シリーズで編むカーディガン
IMG_20181012_141750.jpg

(生成りじゃないけど)生なりのカーディガン
「毛糸だま Vol.175秋号」より デザイン:風工房


使用糸:パピー ブリティッシュエロイカ(#120)
使用針:9号、7号


日本ヴォーグ社の全図解シリーズというレシピを購入して、風工房さんデザインのアランカーディガンを編みました。
というか、去年パーツを編んでそのままになっていたのを、一年越しで完成させました〜。
変更点 ボタン7個→5個

IMG_20181012_142433.jpg

全図解シリーズというのは、文字通り(ほぼ)すべての編み図が印刷されています。
楽チンでありました。
それなのになぜ完成が一年越しになったのかというと、グレーの毛糸で編んだから。
生成りは似合わないから、この色にしよう♪ と自分で選んだっていうのに、パーツが完成した時にふと(やっぱりお手本通りの、生成りの方がよかった…)などと思ってしまい、手が止まっていました。

完成間近でお蔵入りしそうになっていることを先日やっと思い出し、取り出してみたら今度は(アラ、この色もなかなかいいんじゃない?)と心変わり二転目。
仕上げにかかるとできあがるのはあっという間、去年のうちにやっちゃえば良かった!

IMG_20181012_142306.jpg

ゲージがいまいち出ていなかったのですが、総アランだからきっと伸びゲージなんだよね…?と、見切り発車で突っ走りました。
やはり完成後そのまま平置きの状態では幅が足りませんが、かなり伸びるので小さいという感じはありません。
羽織ってみると顔がほころぶ可愛さで、やっぱりちゃんと仕上げて良かったです。
でもアランって、ちょっと重たいのよね……。

いえいえ、せっかく完成したのですから、ガンガン着るぞ〜!

JUGEMテーマ:編み物

| 編み物 | 20:06 | comments(1) | - |
カーディガン同じの2枚
IMG_20181002_101237.jpg

Whippet 2枚目&3枚目


使用糸:ホルストガーン コースト(Sapphire)
(光の当たり方で違う色に見えますが、2枚とも同じ糸の同じ色)
使用針:2.5mm、3.0mm、3.5mm

てなわけで、2月に編んだWhippetがとても着やすく便利でヘビロテしまくっており、ヘビロテが激しすぎてすでに洗濯で毛羽立ってきたので追加を編みました。
1枚目は糸が足りなくなって八分袖になっちゃったので、今度は間違いなく長袖にしましたよ〜。

IMG_20181002_10123702.jpg

で、母が「それイイネ」と言うので続けて3枚目も作りました。
こちらは長袖の上からでも羽織りやすいように、ちょっとだけゆったり目にしてあります。
500gのコーン巻糸を買ったから、まだ何か着るものを編めそうです。

IMG_20181002_101724.jpg

この写真の方が、実物の色に近いかな。
こんな風にザクッと壁に吊り下げておいて、気軽に羽織っています。
向かって右が1枚目の灰色っぽいバージョン(デニム)。
向かって左が、薄い青のバージョン(サファイア)。

トップダウンで気軽に編めて、とにかく非常に着やすいんです。
春から愛用して夏の冷房対策にも、そして最近ちょっと肌寒い時にもパッと羽織るのに便利。
こればっかり着ています。
あまりにも毎日着ているので、そのうちこのカーディガンと一体化しそうな勢いです。
西一の茶色いセーターみたいな感じになってます。って、例えが古すぎ。

札幌は肌寒くなってきました。
そろそろ余震は勘弁していただきたい!

JUGEMテーマ:編み物



| 編み物 | 21:07 | comments(2) | - |
野呂スカ仕上げ中
2018-04-30-19.18.20.jpg

4月はいちども更新していない!
と気がついて、激しく季節はずれではございますが
滑り込みセーフ的に野呂スカートの進行報告です。

パーツを合体して、ウエストベルトを拾い目するところまで来ました。
感想を一言であらわすと、デカイ。

2018-04-30-19.19.51.jpg

蛍光灯の下で写したので色が再現できていません。1枚目の方が、まだ実物に近いかな?
いずれにせよ、なかなかの派手ぶりです。

2018-04-30-18.46.25-2.jpg

大変大変〜、蕗って葉っぱも食べられるんですってよ!
今年はちょっとだけ葉を残して、炒め煮を作りました。
ほろ苦くて美味。


JUGEMテーマ:編み物

| 編み物 | 19:49 | comments(0) | - |
野呂スカ3段目まで
2018-03-19-15.25.22.jpg

野呂スカートはちまちま進めて、3パーツ編めました。
問題はこの後でしょうね〜。
面積がドーンと大きくなってきます。

実物はこの写真よりは大人しい色合いです。
とはいえ、野呂糸らしい個性的な主張ある段染めなので(婉曲表現)履きこなせるのかどうだろうか。

そしてですね、一応1リピート毎に印を入れて数えているのに、Cパートが妙に長くなってしまったんです!
Bとつじつまが合う部分までほどきましたが、一体どうしてこんな事になるのか。
我ながら不安。元々、数をきっちり数えるとか合わせるっていうのはかなり不得手。
とりあえず全部編めたらいったんピンで仮止めして、問題がないかチェックしてからとじないと怖すぎです…ゆう★

2018-02-14-09.45.04.jpg

愛猫の前足とシッポ。
かわゆいです(猫バカ)

JUGEMテーマ:編み物

| 編み物 | 19:44 | comments(0) | - |
野呂スカ、はじめました
2018-03-14-17.10.36.jpg

野呂英作クレヨンソックヤーンスカート、今さらながらと申しましょうか遅ればせながらと言うべきか。
編み始めました。

↑これは最初のEパート。これからどんどんパーツが巨大化する模様。
思った以上に編み方が単純で、飽きとの戦いになりそうです。
とはいえむしろ、ながら編みにはもってこいかも?

ラスボスはたぶん、長距離のすくいとじ!
気が向いた時にボチボチ編んで、次の秋冬に履きたいなと思っています。

JUGEMテーマ:編み物

| 編み物 | 17:37 | comments(0) | - |
またミトン、しかもねじれてる
またしてもケストラーさんのミトンから、なんですが……
おや?

2018-03-12-16.21.26.jpg

おやおや?

2018-03-12-16.20.06.jpg

ねじれてる!

「ベルンド・ケストラーのミトン」で指さきの穴つきミトンをちらりと見て、次はこれを編んでみようと思いました。
前回編んだミトンの残りで、今度は白っぽい毛糸をメインにしてなるべく使い切る作戦。

ところが編み方レシピをちゃんと読まずに、ふむふむ指を出す穴を往復編みにして編めばいいんでしょ?とばかりに自己流で編んだところ、ねじれたミトンが完成してしまったという次第。
おそらくトライアングルで編めば本のようなキレイな形になるのだと思います。
風車で編んじゃったんだよね〜。

2018-03-12-16.22.46.jpg

形の歪みをごまかすべく指先部分に引き返し編みを入れましたが、ほとんど無駄な抵抗でした。
指穴の位置も上すぎだし、本の通りに編むべきでした……
完成した瞬間、自分でも思わず笑ってしまった。
でも一応、着用することはできるんですよー(ホントよ!)

JUGEMテーマ:編み物

| 編み物 | 17:06 | comments(0) | - |
またまたミトン、カバーつき
2018-03-08-15.55.21.jpg

またまたケストラーさんのミトンから。
今度のミトンは

2018-03-08-15.55.52.jpg

カバーつき。
「ベルンド・ケストラーのミトン」で紹介されている編み方では、カバーをボタンでつける方式でした。
ちょっと煩わしいような気がしたので、共糸でとめちゃっています。
ついでに親指も全部覆いたくて、マジックキャストオンで作り目して普通の親指に変更。

2018-03-08-15.57.15.jpg

甲側。

2018-03-08-15.56.32.jpg

手のひら側。

使った毛糸は、ハンズプロダクツのニュージョイフル純毛並太。
サンキで販売している激安毛糸ですが、コストパフォーマンスはかなり高いと思います。
2色各2玉が手元にありましたので、手首の所で色を変えるつもりでした。

だったら途中で糸を切らないことにこだわる必要はないな〜ってことで、手の横エリア(何て言えばいいんだろう?)をアイスランディック止めじゃなくてメリヤスはぎにしました。

まとめると、
マジックキャストオンで作り目→kfbでつま先の増目をして親指を編む→ケストラーさん方式で手のサイズに合うまで増目しながら編み進める→指側をアイスランディック止めする→毛糸を切ってメリヤスはぎする→毛糸の色を変えて手首を編む→ジェニーさんの伏せ止め
その後でシマシマに指先カバーを編んで、てきとう〜に留めつけて完成。

なかなか楽しかったー。
けど、まだ毛糸が残っているぞ?

JUGEMテーマ:編み物

| 編み物 | 16:37 | comments(4) | - |
また一気に編めるミトン
2018-03-06-15.30.02.jpg

「親指から一気に編める ベルンド・ケストラーのミトン」より
基本のトライアングル、変わりゴム編み


使用糸:ハマナカ オリーブメリノ<グラデーション>
仕様針:5号


またまた、ベルンド・ケストラーさんの本からミトンを2双編みました。
タイトル通り、親指から一気に編めて簡単、それでいて飽きにくい、サイズ調節もしやすい。余り糸消費プロジェクトにうってつけです。
40gの毛糸玉1つで1組の指なしミトンが編めます。

2018-03-06-15.32.53.jpg

イイネ!してみた。

2018-03-06-15.31.59.jpg

変わりゴム編みの方は、こんな感じ。

思ったより地味なグラデーションでしたが、オリーブメリノは柔らかくて暖かーい。
ポケ活に役立ちそう!
と思ったけど、まだ指先を出していると風の冷たさでジンジンします。
早く春になってくれ〜い。

JUGEMテーマ:編み物



| 編み物 | 16:01 | comments(2) | - |
「テス」のショール
2018-02-22-12.33.43-2.jpg

Kay's Tess D’Urbervilles Shawl


使用糸:ダルマ ウールモヘヤ(#8)
使用針:10号


引き続き、眠っている毛糸を活用しよう作戦。
以前、ダルマ公式ストアでセーターのキットを買ったけれど、結局編まずそのままになっていました。
正確な商品名は、ウールモヘヤのラグランスリーブプル。

ワクワクしながら開封したところ、20g46mの毛糸玉が10個しか入っていません。
足りなくね?
編み図でサイズを確認したところ、胸囲92cm、着丈53.5cm、ゆき丈58.5cm……!
Sサイズ? まさか七分袖とかじゃないよね???
私が着たら、着丈も袖もつんつるてんだよ〜!

2018-02-22-12.36.40.jpg

糸を買い足して自分サイズに編むことも考えましたが、何だか編む気を失ってそのままになっていました。
せっかくだから活用せねば!
ってことで、前から気になっていたシンプルな大判ショールを作りました。
モッフモフです。

2018-02-22-12.29.51.jpg

「ダーバヴィル家のテス」ショールと名づけられたパターン。
19世紀〜20世紀初頭が舞台になった映画等で、たびたび見かけるスタイルです。
ショールをぐるっと身体にまわして、後ろで結び上半身をすっぽり覆えばアラ暖かい。

2018-02-12-11.23.30.jpg

2月も半ばを過ぎたというのに、寒い日が続きますね。
春が待ち遠しい。

JUGEMテーマ:編み物

| 編み物 | 20:49 | comments(0) | - |
ねつ造スカート
2018-02-17-14.29.05.jpg

編みかけのバッグに急遽ウエストを編み足して、オーバースカートをねつ造しました。

使用糸:ごしょう産業 なないろ彩色(#6)
使用針:8号




ニットのトートバッグが欲しくなり、作り始めたのが昨年12月だったかな。
使用毛糸は、たまたま通りかかったセリアで見つけたごしょうさんのもの。また100均か!
もはや100均カテゴリーを作るべき?

ともあれ、その毛糸はお店で見た時は深みのある良い色だと思い飛びつきました。
ところが家で自然光の下で見ると、印象が違う…
安っぽい。実際に安いんだけど。

モチベーションだだ下がりしつつ、ちまちまと編んでいるうちに年を越し……
北国とはいえ1月になると、ニットバッグ気分は薄れてしまいました。
前後を綴じて輪になった編み地をぼんやり眺めていて、「デカイ」と思ったのです。
大きめバッグが欲しくて大きく編んだのだけれど、本当に、デカイ。
こんなに大きかったら、ジーンズの上からでも履けるんじゃね?

2018-02-17-14.28.06.jpg

ということで、オーバースカートに変更決定。
↑こちらは後ろ側。
バッグを考えていた時は真ん中のかのこ部分にポケットをつける予定でしたが、スカートのおしりにポケットがあってもねぇ…毛糸が太いからモコモコするし。
ってことで、ポケットは割愛。
早々に毛玉ができそうではありますが、とりあえずなかなかの暖かさです!

2018-02-17-14.29.08.jpg

「アタシが吟味してあげるわよ」とチョボ嬢が。
この後、スカートの上でしばらく座っていました。

JUGEMテーマ:編み物

| 編み物 | 16:50 | comments(0) | - |
 1/21PAGES >>